インフルエンザのA型とB型、それとC型の違いをピックアップしていければと思います。実はそれぞれ症状の違いがあるのです!自分で風邪かインフルエンザかの確認はもちろん、何型なのかもやんわりわかると良いと思います!

インフルエンザのA型とB型

インフルエンザA型の特徴は?喉に痛みがあると注意!

インフルエンザには、A型とB型とC型があります。このうちウィルスが変異するのはA型とB型ですが、B型のウィルス変異が緩やかなのに対し、A型は少し手ごわくて、ウィルスも新型のものが多く現れます。またA型は人から人だけではなく、トリやブタ等の動物にも感染するので、これもウィルス変異の多い原因となっており、トリインフルエンザもA型の一種です。インフルエンザA型の特徴は、まず高熱が出ること。いきなり38度から39度位の熱が出て、寝込んで大変なめに合います。また、B型が消化器系の下痢や腹痛の症状が出るのに対し、A型では気管支系の、のどの痛み、咳等が出やすくなります。またA型では筋肉痛や関節痛などの全身症状も出ます。感染しやすい時期は、空気が冷たく乾燥している11月から2月。乾燥や低温から喉を守るためにも、外出時はマスクをするのがおすすめです。風邪との区別については、風邪の場合でもだるさとか筋肉痛はありますが、インフルエンザA型ではそうした全身症状がはっきりと現われます。また風邪ではよくくしゃみや鼻水が出ますが、インフルエンザA型では鼻というよりも喉が痛くなります。それから、風邪だと熱は次第に高くなりますが、インフルエンザA型では急に高熱が出ます。もちろん、風邪のひきかたには個人差があり、いつも喉から症状が出て、扁桃腺が腫れて高熱が出るというパターンの人もいるでしょう。この場合は区別がしにくいですが、高熱が出た時はいずれにしても病院へ行きましょう。このようにインフルエンザA型ではいきなり高熱が出ることで風邪との区別がつきやすいのですが、人によっては熱がそれほど高くならない場合もあります。それでも、インフルエンザは悪化すると肺炎や脳炎を起こす場合があるのであなどれません。だるさや筋肉痛などの全身症状がきつくて、喉の痛みがひどいようであれば、一度病院で調べてもらった方がいいでしょう。

■インフルエンザA型に効く薬はこちらです
インフルエンザ 薬

上へ戻る