インフルエンザのA型とB型、それとC型の違いをピックアップしていければと思います。実はそれぞれ症状の違いがあるのです!自分で風邪かインフルエンザかの確認はもちろん、何型なのかもやんわりわかると良いと思います!

インフルエンザのA型とB型

インフルエンザと抗ウイルス薬と死亡率について

インフルエンザには、季節性インフルエンザと新型インフルエンザがあります。
新型は、季節性よりも感染しやすいと考えられています。
新型は、人間に免疫力がないため、すぐに感染してしまうのです。
簡単に感染することから、集団感染も起こりやすいです。
死亡率は、新型の方が高いと言われています。
昔は、インフルエンザの治療といえば、対症療法だけでした。
対症療法は、症状を一時的に和らげる治療方法です。
しかし、検査キットや新しい抗ウイルス薬が開発され発売されたことで、インフルエンザ治療は大きく進歩しています。
抗ウイルス薬には、様々な薬があります。
内服薬だけでなく、吸引型の治療薬もあります。
インフルエンザウイルスは、呼吸により体内に入ります。
吸引型の治療薬は粉状になった薬を吸引することで、ウイルスの増殖を抑制します。
ウイルスは、のどや気管の粘膜に付くと、あっという間に増殖します。
吸引型の抗ウイルス薬は、1分でウイルスに働きかけ、増殖を抑えることができます。
ただ、発症してから48時間以内に投与する必要があります。
熱が下がっても、ウイルスが体内に残っている可能性があるので、医師に言われた使用期間は守ることが大事です。
吸引型の抗ウイルス薬は、副作用が少ないと考えられていますが、副作用がないわけではありません。
発疹や下痢、吐き気、嘔吐などの副作用が出る可能性もあります。
痙攣や呼吸困難などの症状が出ることもあるので、体に異常を感じた場合は、すぐに病院へ行って医師の診察を受けた方が安心です。
抗ウイルス薬を、感染予防として使うケースもありますが、治療と予防では使用方法や使用量が異なるので、医師の指示を守ることが大切です。

上へ戻る